十数年前になりますが、うちでは「サフォーク・レッド」というぶどうの品種を栽培していた事があります。

これは赤系の種無し品種で、皮ごと食べられるぶどうでした。
それはとても栽培が難しく、良品質のものができにくかったですが、とても魅力的なぶどうでした。

最近は皮ごと食べられる、赤系ぶどうの消費が伸びてきているので、
今その品種があれば、かなり人気品種になっていたはずです。

しかし、今はありません。なぜかというと、
落雷にあって、木がダメになってしまったんです。
次の年から3年くらい「えー?!サフォークレッドないの?」
と、お客さんから言われ続けました。

そう、落雷です。夏から秋にかけて、このあたりではやけに落雷が多いかもしれません。
しかも、ごく近いところに落ちている気がします。
実際、うちのぶどう園にも落ちた事がありますから。

数年前、それは激しい雷雨に見舞われた事がありました。
どしゃ降り、とかバケツをひっくりかえしたような、とかいう表現では物足りないような大雨と、
身の危険を感じるほどの激しい稲光と轟音・・・

その時はぶどうの販売時期でしたが、一家で販売所に避難し、唖然としていました。
直売所の前の道を通る車もホントにまばら。
通ったとしても、あまりの雨の勢いに最徐行を余儀なくされています。
まるで洗車機の中を走行しているようなもんですな。

こんなに雨降っていたら、ぶどう買いに来る根性ある人はいないでしょうね。
ぶどう買いに行くのに根性が要るのも変なんですが。

次の瞬間、目の前でフラッシュを焚かれたような白い閃光と、
ドン!という物凄い音がしました。
そして髪の毛がバッと後ろにもっていかれました。
まるで爆風のような、落雷によって起きた風です。
「うわっ!近い!」どうやらすぐ裏のゴルフ場あたりに落ちたようです。
ほんの7,80メートル位しか離れてません。
そして、一瞬間があって、紫色の火花が私の目の前を通過しました。
その火花は園主に向かって一直線・・・
「イテっ!!」
・・・・か、園主が、感電しました・・・・。

園主以外、その場にいた全員が薄情にも笑ってましたが、
当の本人はとってもブルーになってました。

・・・園主は直撃ではないですが、雷にあたった経験をもっています。
しかし、今も元気です。
さすが、お百姓さん歴50年。頑丈にできてます。