うちでいちご狩りをする場合、ハウス内に入る時はスリッパに履き替えていただいてます。

病害虫の侵入防止とか、色々意味はあるんですが。

ここで困るのはスリッパに履き替えられないお客さん。

車椅子に乗った方とかベビーカーの赤ちゃん。
それとスリッパだと歩くのが不安定になって転びそうな小さいお子さん。

そういう場合は車椅子のタイヤを拭いたり、履き慣れた靴の底を拭いてからハウスに入ってもらってます。

先日、二歳くらいのお子さんが来ました。
こりゃスリッパは履けませんな💦

女房がその子を膝に抱っこして「ちょっとお靴拭かせてね~😄」とふきふき。

初めて会った知らない人にびくともしないお子さん。

人見知りする子供なら泣いたりするもんだけど☺

若旦那が
「お、えらいね~😄知らないおばちゃんに抱っこされても大丈夫なんだ~😄」

「おばちゃん言うな💢」

「んじゃ、おねいさん💦」

「そう😄」

爆笑するその子供のご両親💦

うちのいちご狩りではオプションで夫婦漫才がついて来る場合があります💦

その子供の両親が帰り際、子供にこう言ってました。
「ほら、いちご屋さんのお姉さんにありがとうって言って😄」

…お気遣いありがとうございます😓

気遣いなのか?