今年も飯能に中村ブンさん、リードギターの箱守さんに来ていただき、コンサートをして頂きました。

三度目。

朝10時過ぎに携帯に連絡が入り、もうすぐ到着の連絡が。

大慌てで迎えにいき、二人にうちのいちごハウスに来ていただきました。
半ば強制的?
無理やりいちご狩り。

ブンさんの娘さんにも来て頂きたかったのですが、風邪がまだ抜けていないらしく、今回は残念でした。

3月3日にあったひな祭りコンサートに娘さんも出演予定だったそうですが、高熱を出して出演を断念。
いちごのビタミンCを摂っていただきたかった~。

青少年健全育成会の主催なので、 若旦那が講師者紹介をしました。

15年ほど前に初めてブンさんの「かあさんの下駄」を聞いて以来、自分の惚れ込んだ作品を多くの人に聞いてもらいたくて、その思い入れや、エピソードを言ってみました。
役者のくせして噛みまくりのスピーチでしたが・・・。

ブンさんと箱守さんが、オイラのスピーチを緞帳の向うで聞いていた時、噴き出してました。
噛みまくりだったから、と言うわけでなく、あまりにべた褒めするので、気恥ずかしくなったそうで。

さて、今回のコンサート。
おそらく、過去三回のコンサートで、一番じーんと来る催しでした。

ハンカチで目頭を押さえる人多数。
自治会の会長も、教育長も涙を滲ませていた。

おそらく、今日のコンサートに来た人は、普段の生活の中で忘れている「大切な何か」を思い出したに違いないです。

「雷おやじ」や「ハコちゃんの名曲」はまたウケてました。

いつものように観客を笑わせ、じ~んと心を揺さぶる、良いコンサートでした。

よーし、また来年も来てもらうぞ!