いちごの天ぷら作ってみました。

いちご屋さんだから、試しにこういう事やってみるのも有りか?と思いまして。

夕方帰宅すると、女房が、かき揚げ作ってました。

ついでに持ち帰ったいちごに衣をつけて揚げて貰う事に。

「え~?ほんとに作るの~?」

と言いつつ、あっさり承諾する女房もたいしたもんです。

最初はいちごをスライスして、かき揚げ作る事を主張しましたが、「水分多くてダメ」と却下。

とりあえず3こ揚げてみました。

先ず、若旦那が塩を振り食べてみる。

「ふむふむ、ほぉ~」

「・・・どう?おいしくないでしょ~?」

「自分で食べてみるのが一番だな。結構いいかも」

と、二個めをつまみつつ答える若旦那。

「ほんとに~?」

恐々いちごの天ぷらを口に入れる女房。

すると、すぐに流し台に向かおうとする。

「させるかぁ~!」

直ぐさま女房の口をふさぎ、「自分が作ったんだから責任持って飲み込め~! 食べ物を粗末にしてはいかん!」

・・・作らせておいて、こういう事言う若旦那って、なんてナイスガイ。

「あぎゃ∞仝※£∬§ゥゲ・・・胃液飲んだみたい・・・」

そうか~、いちごの天ぷら失敗か~

ちょうどその時、中三の長男の友達が遊びに来てました。

たった今作ったいちごの天ぷらの話をすると興味津々。

自分らも食べてみたいと言います。

ある意味ゲテモノ食い。確実にマズイと思うんですが。

絶対に飲み込む事を条件に作ってやりました。

「・・・」

「・・・結構おいしいかも。俺、いちごの天ぷら全然OKです」

ま、マジで⁉

興味あるかたはぜひともお試し下さい。

私は二度とやりません。

いちごの天ぷら。

※注 新規にいちごをはじめたので、新しいレシピを模索中、という訳ではありません。
単なる興味本位です。