その日の深夜1時近く、自宅の車庫で、車のルームランプが点いているのが見えました。
ん?消し忘れたか?と思って近づくと人影が!

運転席側のドアを開け、ダッシュボードの中を物色してます。
車上荒らしだとすぐにピンと来ましたが、一応言ってみました。
「誰だ?!」
すると、ビクッとしてこっちを見ました。
「なにやってんだ!!」
と怒鳴りつけるとその男は
「あ、いや、あの・・・か、勘違いしないでね、これはその・・・」と、しどろもどろ。
車上荒らしに何の勘違い?
「ふざけるな!!!!」
と100メートル四方に響き渡るような声で怒鳴りました。
後ずさりする男に「逃がさん!」と咄嗟に相手の左腕を掴み、脇で固めました。
少林寺拳法の「腕十字」という技です。
男は抵抗しようとしたので、仰向けにひっくり返し、今度は変形の「前指固め」で地面に貼り付けました。
自分の右手と膝で相手を押さえつけ、持っていた携帯電話ですぐ110番。
「車上荒らしを取り押さえたのですぐ来てください」
「わかりました!すぐ急行させます!」

・・・・ここから後がやけに長く感じるんです。
地元の警察署から自宅まで約3キロ。通報から7,8分もあればパトカーが来るでしょう。
でも、なかなか来ないんです。
普段の少林寺拳法の稽古でも、固め技を使って相手から「参った」をとったらすぐ手を離します。
今回の場合のように、10分とか15分も固め続けるなんてことは初めての経験でした。

しかも、あんなに大声で叫んだのに家から誰もでてこない・・・
家は目の前ですが、仕方なく携帯で家に電話。
「もしもし、俺だよ、すぐに外に来て!」電話に出たのは園主。
「は?どちらの俺?」・・・・カンペキに寝ぼけてます。
しかもオレオレ詐欺ではないんですが。

取り押さえた男は身動きとれず、「ちくしょう、離せえ、人権侵害だ!」なんて言ってましたが
「やかましい!!」と一喝してやったのは言うまでもありません。

取り押さえた男はしつこく暴れました。そこで、その男に言いました。
「残念だったなぁ、俺、武道やってるんだ。逃げられんよ」
・・・小谷野果樹園ではぶどうもやっています。

それからしばらくして、けたたましくサイレンを鳴らしてパトカーが到着しました。
お巡りさんが、「いやー、道一本まちがっちゃって」なんて言ってました。
(なんだ、長く感じたんじゃなくてホントに長かったんだ・・・)

パトカー2台と覆面パト、原付バイクに乗ったお巡りさんが総勢10人ほど駆けつけました。
取り押さえた男をお巡りさんに引き渡すと、観念すると思いきや、いきなり暴れだしました!
「離せ!ゴルゥアアア!」結構凶暴です。

長いこと若旦那に地面に固められていた怒りパワーが溜まっていたのか、
大捕り物に展開…

お巡りさん3人掛かりで男の首根っこ抱え込んだり、胴にタックルしてましたが、なかなか収まりません。
結局、再び地面に取り押さえられました。
「そっち押さえて!そっち!」「ポケットの中を確認しろ!」と、緊張したやりとりのお巡りさん。

するとポケットの中はハンカチとか小銭が数十円、そして何に使うのか先の尖ったハサミが。
あの男がそれを手に持っていたら危なかったです。
その男はパトカーに乗せられ連行されて行きました。
罪状は「窃盗未遂」ということになるらしいです。
その男は以前にも逮捕歴があって、車上荒らしや自販機荒らしをしていたそうです。

近所の人が何の騒ぎが起きたのかと皆さん見に来てました。
その後、私も警察署に赴き、調書やら逮捕者確認書、というものにサインしてきました。
コーヒー出してくれたり、ペットボトルのお茶頂いたりと気を使っていただきました。
ただ、その書類の作成に時間がかかりましたが。
事件発生が深夜1時前、私が警察署から帰ったのは小鳥がさえずる朝の5時半でした。

眠いです。

飯能警察署

その日の朝の警察署前。

警察で頂いたお茶。初めてです、お巡りさんから物もらったの。

警察で頂いたお茶。初めてです、お巡りさんから物もらったの。

自分が少林寺拳法やって20年。やっていて良かった、と思った事件でした。
その日は、うちの家族は誰もが寝不足でした。 子供らは何も気が付かずに寝てましたけど。

後日、警察の方が自宅に見えて、再度現場検証をしました。
犯人を目撃した時の位置関係とか、取り押さえた時の状況とかを再現して写真を撮影したんです。
住居侵入の件で立証するのに必要だとか。

その時の警察の方が、「いやー、発見してから取り押さえるまでが早いですね、何か心得が?」
「少林寺拳法を少々・・・」
「なるほど~、それは役に立ちましたね!すごいですよ!」

そう言っていただいてちょっと恥ずかしいような、誇らしい気持ちになりました。
家族や友人には「怪我しなくて良かった」と言われましたが。

心配してくれてありがと。(泣)