うちには今年で90歳になるばあちゃんがいます。腰も曲がって物静かでかわいいばあちゃんです。
こんなに高齢なのに今でも元気に畑や庭の草むしりを日課にしてます。

実はうちのばあちゃん、ある意味特技を持ってます。
特技、と思っているのは若旦那だけかもしれませんが。

うちのばあちゃんは見事な摺り足で歩きます。ですから足音は立てません。
少林寺拳法をしている私が武道的に見て、この足の運びはまったくたいしたもんです。
歩く姿を横から見ると、頭の位置と地面が平行移動していて、
まるでスケボーに乗って進んでいるいるみたいです。

冒頭にも言いましたが、物静かなばあちゃんです。
物静かな上に摺り足で歩く。こうなるとどういうことが起こるかわかります?
それは気配を感じないんです。全くと言って良いほど。
知らないうちにすぐ脇にばあちゃんがいて、何度「わあ!」と驚いたことか・・・。

ば、ばあちゃん、忍者か?

ばあちゃんがもし「くの一」で俺を暗殺しに来ていたのなら、若旦那は何度死んでるかわからない・・・。

俺の少林寺の腕もまだまだだぜ・・・。(汗)

おばあちゃん