養蜂場からいちご受粉用の蜂を借りて来ると、いちごハウスに設置するのは、必ず夜間に行います。

夜のうちに設置しておかないと、帰巣本能が混乱して巣箱に戻れなくなるので。

設置したら次の朝には水飴に近い砂糖水を与えます。
自分で水飴を作るのは面倒なので、養蜂場で一斗かんのものを買いました。
4000円だし☺

水より比重があるので、やけに重い💦

与える量は一週間で蜂が回収できる程度。

…それって、どれくらいやねん💦

プラスチックの容器にとりあえず200CCほど水飴状態の砂糖水を入れ、稲わらを浮かべます。
稲わらは蜜蜂の足場になります。

来るわ来るわ💦

団体で😨

…さ、三時間でなくなった💦

水飴追加。

300CC。

…夕方にはなくなった💦

気温が高かったせいかもしれんが、なんちゅう食欲💦

このペースだと3500CCほど巣箱に溜め込むわけですが💦

蜜蜂の飼育マニュアルによると、巣箱の餌の保存スペースの割合が高くなりすぎると、産卵スペースが無くなるため、蜂数が少なくなるとある。

食い過ぎなんじゃ?

とりあえず5日間やってみた。

蜂がおとなしくなったころ、そっと巣箱を持ち上げてみた。

来た時よりずっしり重い💦

餌止め😓

蜜蜂は一生のうち(成虫で40~50日の寿命)で約ティースプーン一杯の花の蜜を集めるそうだが、こいつらは多分3日くらいでノルマを達成してるな💦

で、容器に水飴状砂糖水を200CC以上入れると、蜜蜂にとって危険だということがわかった。

団体の蜂の重量で足場の稲わらが沈み、水飴に溺れる蜂多数💦

急遽救出作業😨

稲わらで一匹ずつ水飴のプールから救いだし、巣箱の入口付近に下ろす。

救いだした蜂は自分の手足?で水飴を拭っているが、はかどらない💦

そのうち仲間の救出隊?が来て体に付いた水飴をペロペロなめとっていた。

見ていてちと感心したが、あまりに多数でじれったいので、水飴だらけの蜂だけ集めて霧吹きの水で強制シャワー💦

蜂にはまったく迷惑な事だろうが、すぐに水飴の緊縛から解放😓

水飴漬けにされた蜜蜂はほうほうの体で帰巣されました。

蜜蜂さん、ごめんなさい💦